地図を


"ウズベキスタンの民族楽器 “ドゥトール”" - 楽器

楽器についての情報 "ウズベキスタンの民族楽器 “ドゥトール”":

ドゥトールは文字通り「二つの弦」を意味し、中央アジア、南アジアの人々の間の伝統的な二弦楽器でもある。通常1-2メートルの長さのドルトールがよく使われます。ドルトールが現れたのは約15世紀、牧人の間で使われていた。最初の弦は生き物の内臓から作られていたが、シルクロードの発展につれ、シルクの糸から弦が作られるようになった。現在ではシルクやナイロンの弦と桑の木材で作られている。

シンプルすぎるともいわれるこの楽器は何世紀にも渡る歴史をもち、ウズベキスタンの文化の掛け替えのない楽器でもある。




他のウズベキスタン民族楽器 :