地図を


ティムリード時代の楽器

日付: 25 9月 2015
Musical instruments

アミル・ティムールとティムリードの治世中、伝統的な音楽と楽器の活発な発展が見られた。楽器は主に音楽愛好家を引き付ける審美的な役割を果たしていたため、各宮殿の門の前には舞台が作られ、ショーを見に来た観客でいつも賑やかだった。

軍事行動、軍事ランクの割り当て、狩、宗教活動の時などに楽器は掛け替えのないものだった。

アミル・ティムールはとくにミュージシャンに厳しく、自分でミュジシャン、演技の指導者がどの程度プロであるかを確かめた。また、さまざまな地方や外国からサマルカンドに有名で実力のあるミュージシャンが招待された。

この様に、この時代の音楽は多数民族のスタイルや経験が重なり、ティムールが行っていた厳しいコントロールのおかげで、全ての儀式や祝いが最高レベルで行われた。

Musical instruments

ティムール時代の有名な楽器は多種多様の管楽器と打楽器で、ほとんど全てが形を変えず現在も多くの祝いで使われている。


このカテゴリーでその他の注記