地図を

 テルメズ

ウズベキスタンの一番南の町テルメズは、アムダリヤの右側で、タシケントから南西490kmに位置する。

古代ペルシャの王朝アフメニードに加わったとき「古代町」の名をつけられた。329年にはアレクサンダー大王に支配される。クシャーナ朝の支配時にはタリミと呼ばれ、仏教の大事な中心地でもあった。56世紀はエフタリート、その後ササニード、7世紀にはテルメズシャフ、705年はアラブ人に支配されてきた。912世紀の間テルメズは商売・職業・文化・科学の中心の大都市となる。この時代ではガズネビード、セルジュキード、カラハニードなどの王国へ加わり、1206年町はホレズムシャーフ国によって支配される。14年後チンギズハーンが町を破壊し、13世紀後半テムリード王国の一部、その後シェイバニード国に支配され、古代テルメズの再建が始まった。

2500年以上の歴史をもち、支配者も多かったこの町は、ウズベキスタンの他の町とは違い、あらゆる宗教が見られる。

現在テルメズには古代要塞宮殿の壁跡、仏教カルト洞窟のカラ・テパ、ハキム・アット・テルメジ廟、キリキ・キジ建築物(40人の女子)、スルタン・サアダットの霊廟、コキドル・アタ廟、ジャクルガン廟、テルメズ考古学博物館などが見学できる。

町の観光スポット