地図を

 タシケント

タシケントはウズベキスタン共和国の首都であり、中央アジアの大都会の一つです。「石の町」と訳し、2200年以上の歴史を持ちます。いろんな時代にチャッシュ、シャッシュ、ビン・ケントと名のられ、シルクロードの途中にあったため、アジアとヨーロッパ文化が融合している都市です。

現在のタシケントは、いわゆる旧市街と新市街に分かれています。旧市街には、1619世紀の建物や東洋的なバザールなどがあり、本当の中央アジアの雰囲気を感じることができます。タシケント旧市街観光地は、ハストゥ・イマム建造物、ハリフ・オスマンのカランの原書が置かれているハヅラティ・イマム建造物、チョルスー・バザール、クカルダシュ・メドレセ、ジャミ・モスクなどです。

新市街は、町の中にある現代的な地域で、高層ビルやビジネス・センター、ホテルなどからなります。また、中央アジアで二つの中一つの地下鉄がある都市はタシケントです。タシケントの地下鉄は、各駅が独特のデザインがあり、いつも涼しくてきれいです。タシケント新市街観光といえばアミール・ティムール広場、独立広場、ナヴァイ・オペラ・バレエ劇場、震災記念碑、抑圧犠牲者の博物館などがあります。また、第二世界大戦後、強制労働のためソ連に抑留され、母国から遠く離れたウズベキスタンで亡くなった日本人が眠る日本墓地があり、近くには資料館もあります。

古代と近代が混ざるタシケントには、劇場、博物館、レストランやクラブなどがたくさんあります。

タシケントの大きなオペラ・バレー劇場の一つはナボイ劇場で、第2次世界大戦後にタシケントにつれてこられた日本人抑留者の努力によって建てられたものです。1966年にタシケントには大地震があり、ほとんどの建物が被害されました。しかし、この劇場はびくともしなかったため、日本人の建築技術の高さが知られました。

また、中央アジアで最も高い、375mの高さを持つテレビ塔はタシケントにあります。高さ100m、220mの位置には、テレビ放送、ラジオ放送、それに気象観測のための施設が整っています。それに、バーやレストラン、回転するカフェも位置されており、そこから町の景色を楽しむことができます。

タシケント市内から南西に15kmに位置するザンギ・アタ廟も外国人だけではなくウズベキスタンの人々の信仰を集める場所でもあります。そこには14世紀にイスラム教の聖人の追従者であったアイ・ホッジャ(ザンギアタ)と彼の妻アムバル・ビビ(カムバル・オナ)が埋葬された廟があります。




町の観光スポット