地図を

 シャフリサーブス

サマルカンドから南へ80kmの所に2700年の歴史を持つシャフリサーブスがある。この町は、元ソグド国の首都であり、文化、商売の中心地で、「ケシュ」と呼ばれていた。

シャフリサーブスをどの時期に訪問しても大きな緑の公園の姿で皆を迎える。この町が歴史に留まったのはアミール・ティムールがホジャ・イルガル村に生まれたからだ。ティムールが支配者になり、シャフリサーブスを居城にし、アク・サライ宮殿を建てた。

町にはアク・サライ宮殿以外にもティムールの父が眠るドルッティロヴァット建築群や、ティムール自身が葬られるはずだったドルッサオダット建築群、コク・グンバス・モスクなどの遺跡がみられる。


シャフリサーブスはサマルカンド、ブハラ、ヒヴァのように多くの遺跡は残っていないが、それでも町は昔と変わりなく緑が多く、静けさと心の安らぎを与えてくれる。

 


町の観光スポット