地図を

 サマルカンド

古代でありながら今だに若いサマルカンド。世界遺産の一つであり、何千年という歴史と多くの秘密を抱えもっているウズベキスタンの古都。そして、その秘密を知る権利は誰にでも与えられるわけではなく、選ばれし者だけ、サマルカンドが小さな声で伝えていることを聞きたい者にしか与えられない権利だ。“東方の真珠”と呼ばれるサマルカンドは、偉大で、勇敢で、強く美しい人達についての思い出を、そして彼らによって作られ、残された遺産を守ってきた。

サマルカンドは西のペルシア、東の中国、南のインドへの交易路をつなぐ十字路、シルクロードの中心地。文化の十字路でもあるこの町は以前は「マラカンダ」と名のられ、古代ソグディアナ国の首都でもあった。

サマルカンドの歴史に名を刻んだのはアレクサンドロス大王をはじめ、町を破滅させたチンギス・ハーン、そして新たに建て直し偉大な王国の首都にしたアミール・ティムール、科学と文化の中心地に変えたティムールの孫のウルグベック...彼らが建て作り上げたものは今も残り、人々に自分たちの知恵と権力を見せている

サマルカンドの中心地はレギスタン広場で、三つの巨大建造物ウルグベック・メドレセ、ティラカリ・メドレセとシェルドル・メドレセが建っている。それ以外町にはアミール・ティムール(グリ・アミール)廟を始めルハバット廟、ビビハニム・モスク、シャーヒズィンダ廟群、ウルグベク天文台跡、ホジャ・ダニヤール廟やシヨブ・バザールなどが見られる。

 




町の観光スポット