地図を

 ヌラタ

ヌラタはノボイ県の小さな町で、サマルカンドから約230kmの所にある。ノボイの山地に位置しこの地方の行政、文化の中心地でもある。

この町には多くの伝説をあり、町の名に関連するものもいくつかある。一つはアレクサンドロス大王が建てたヌル城(現在までほとんど何も残っていない)、もう一つは何世紀も前に天から落ちた「火の石」についての話。「火の石」とはきっと隕石のことで、落ちた場所からは癒しの水が出たという。このように「父の光」という意味のヌラタの名が現れた。時々その源泉の上が光るとも言われている。

ヌラタはイスラム宗教の中心地でもあり、中央アジア全地方から何千もの人々が訪れる町だ。

キジルクムへと広がる美しい景色をもつこの町には、イスラムの重要な中心地でもあるチャシュマ建造物がある。その他、ナマヅゴフ・メドレセ、ジュマ・メドレセ、ヌラタ・マザルなども見学できる。

ヌラタの「奇跡」とも言われているアイダルクルは透通った水と、多種多様の魚で有名だ。

小さいながらも観光者のためありとあらゆるサービスが用意されており、ラクダで旅をしたり、アイダルクルで泳ぎ、魚釣りをしたり、パオキャンプで宿泊などが可能。

町の観光スポット