地図を

 ムイナク

ムイナックはアムダリヤ河の三角州に位置する町で、カザフ語から「地峡」、「細い水の線」、「河床」、「砂の線」、「浅瀬」と訳す。カラカルパクスタン共和国の都市の一つでもあり、首都のヌクスから200km離れている。


ムイナックはアラル海の漁港だった。この町には、アラル海の歴史博物館があり、かつてのアラル海の写真や、漁業に使われていた道具などが見れる。

現在アラル海は中央アジア最大の環境問題の1つだ。ほんの数年で海水量は急激に減り、今では海と呼ぶには面影がほとんど残っていない。かつて美しかったであろうアラル海を思い浮かばせるものは、広い砂漠にポツリとある船舟だけで、その景色を見た人々は「船の墓地」と名をつけた。

世界第4の面積を誇ったアラル海は、海水の四倍も超える塩分の小さな湖と辺り何キロメートルの塩の砂漠に変わってしまった。


そんな問題をかかえているムイナックの人口はどんどん減り、今では老人と女と子供しか町に残っていない。男性は皆他の町に金稼ぎに行っている。

アラル海と新しく現れたアラル砂漠は世界中の人々の注目の的でもある。

 


町の観光スポット