地図を

 ブハラ

“聖なるブハラ”とも呼ばれるこの町はイスラム教の台部でもあり、「イスラムの町々は天恵の光で照らされているが、ブハラだけでは天がブハラの光で照らされている」という言い伝えがある。


かつてサーマーン朝時代の首都だったこの町は2千年以上も酷熱の土地に建ち、あらゆる破滅的な戦争の目撃者となり、毎回灰から立ち上がりシルクロードの中心地の一つだった。サーマーン王朝の元に優秀な科学者や宗教者、神学生そして商人が各地から集まり、美しい宮殿や、廟、キャラバン・サライ(隊商宿泊地)、メドレセ、モスクなどが建てられた。

今でも多くの建造物が残り、サマニード廟 (イスマイール・サマニ)、チャシュマ・アイユブ廟、バラハウズ・モスク、アルク城、カラーン・ミナレットとポイカラーン・モスク、ウルグベクとアブドゥールアジス・ハン・メドレセ、チム・アブドゥッラ・ハン・ハンメドレセ、マゴキ・アッタリ・モスクなどを見学できる。

古代から有名なブハラの市場:タキ・サラフォン、タキ・テルパクフルション、タキ・ザルガロンは過去のブハラの印象を思い浮かばすことでしょう。


「旧市街を歩くと歴史のページを歩くよう」といわれるように140以上の記念物があり、その一つ一つが繰り返しのない様式をもち、過去の風景を今も守っている。

ブハラは詩情と説話の町。ここには多くの伝説が細い町の道をさまよい聞き耳を捜し、建造物の石の間は「永遠」のほこりで詰まっている。

 


町の観光スポット